原稿作成について

PDFファイルによる電子入稿(メール添付)による原稿のご提出をお願いします。 資料印刷は原則として全てPDFファイルを使用して行われます。PDF形式での提出が難しい方は、印刷担当幹事にご相談ください。

1. 書式

ワードプロセッサを使用して A4版で作成してください。 資料は、原則として白黒です(カラー印刷を希望される場合は、別途費用が必要です)。 原稿フォーマットは、フォーマット[ PDFファイル 日本語; English ] [ MS WORDファイル 日本語; English ][ Pages ファイル 日本語 ]を参考にして下さい。

2. 図表と写真

図表、写真は原稿の適切な場所に配置してください。カラーの図を含むPDF原稿も受け付けますが、印刷は白黒となります。 写真は白黒のコントラストのはっきりしたものを用いてください。

3. PDF原稿の作成

PDF入稿にあたっての注意事項を熟読の上、原稿を作成してください。

4. 原稿枚数の上限

表題ページを含めて6枚を原稿枚数の上限とします。 (上限を超える場合、別途印刷代を負担していただくことになります。)

5. 研究会資料の購入

著者の方には研究会資料別刷(単価200円)を30部以上購入していただいております。希望部数を発表・原稿調査票にご記入ください。別刷は研究会当日に請求書とと もにお渡しする予定です。

6. 演題・著者情報の変更

演題や著者(所属も含めて)が演題申込時のものと異なる場合は、 発表・原稿調査票の所定の欄にその旨ご記入ください。

7. 提出先・締切

  • ホームページに記載の締切に必着でお願いします。
  • 提出は原稿受付用メールアドレス( chokakuken-apply_[at]_hi.is.uec.ac.jp, 印刷担当幹事:木谷)までお願いします。

PDFファイル入稿にあたっての注意事項

PDF作成ソフト

研究会資料印刷の関係上、Adobe Distillerの使用を推奨いたします。 PDFWriter や他フリーソフトをご利用の場合、冊子作成の際、問題が発生する恐れがありま すのでご注意ください。かならず"embed"(全フォントの埋め込み)を確実にするようにお願い致します。

PDF作成時の注意点

PDF作成環境の「PDF設定」にて既存のジョブオプションより「最小ファイルサイズ」以外(例:プレス品質 等)を選択後、PDFの作成を行って下さい。 初期設定では [最小ファイルサイズ] に設定されていますが、[最小ファイルサイズ] の場合、フォントは埋め込まれません。

Acrobat Distillerにて設定を行う場合

1.ツール -> アドバンスト -> AcrobatDistiller にてAcrobatDistillerを起動します。
2. 「Adobe PDF設定」のデフォルト設定にて、既存のジョブオプションの中から[最小ファイルサイズ] 以外の項目を選択します。

各アプリケーションの印刷画面にて設定を行う場合

1.各アプリケーションの「印刷」画面にて、「Adobe PDF」プリンタを選択します。
2.プリンタプロパティ画面:「PDF設定」にて、既存のジョブオプションの中から[最小ファイルサイズ] 以外の項目を選択します。

詳しくはアプリケーションのヘルプをご参照頂くか、下記のAdobeサポートデータベースをご参照下さい。
PDF 作成時に日本語フォントを埋め込む方法(Windows 版 Acrobat 7.0)
PDF 作成時に日本語フォントを埋め込む方法(Windows 版 Acrobat6.0)

PDF作成後はPDFファイルのフォント情報を確認

作成した PDF ファイルに日本語フォントが埋め込まれているかどうかは、以下の操作手順にて確認できます。
1. Acrobat または Adobe Reader で PDF ファイルを開く
2. [ファイル] メニューから [文書のプロパティ] を選択
3. [フォント] タブを選択
4. 文書で使用されているフォントの一覧が表示されます。埋め込まれているフォントは、フォント名の右側に「埋め込みサブセット」と表示されます。

その他の注意事項

  • フォントのエンベットについて:フォントが埋め込まれていない場合は、 そのフォントがインストールされていないパソコンで開くと埋め込まれていないフォントが違うフォントに置き換えられてしまいます。
  • 文書のセキュリティは「セキュリティ無しか、パスワードの設定は無し」でお願いします。
  • 罫線の太さは0.1 mm以上でお願いします。冊子印刷のとき、表示されない恐れがあります。